広報活動

Print

2014年7月28日

理化学研究所

後縦靭帯骨化症(OPLL)の発症に関わる6つのゲノム領域を発見

-脊椎の難病の治療法開発へ道-

後縦靭帯骨化症(OPLL)の全ゲノム相関解析(GWAS)の結果の図

後縦靭帯骨化症(OPLL)の全ゲノム相関解析(GWAS)の結果

後縦靭帯(こうじゅうじんたい)は背骨の後側にあって背骨を縦につないでいる靭帯です。この後縦靭帯が骨に変わることで起きる疾患が「後縦靭帯骨化症(OPLL)」です。骨化した後縦靭帯は脊髄や神経を圧迫して、手足のしびれや運動障害などさまざまな症状を引き起こします。患者数は全国で約3万人、潜在的な患者を含めると数百万人に上るとされています。根本的な治療法はなく、理学療法や鎮痛薬の投与で対応しているのが現状で、厚生労働省の特定疾患(難病)に指定されています。

OPLLは、複数の要因が複雑に絡み合って発病する多因子疾患です。これまでの研究から、OPLLの発症には遺伝的要因が関与することが分かっていましたが、その詳細は不明でした。理研統合生命医科学研究センター骨関節疾患研究チームの池川志郎チームリーダーを中心とする共同研究グループは、OPLLの遺伝要因を明らかにするために、全ゲノム相関解析(GWAS)を用いて、より詳細なOPLLに関連するゲノム領域、疾患感受性遺伝子の発見に挑みました。

共同研究グループは、厚生労働省の難治性疾患克服研究事業や文部科学省バイオバンクなどで収集した日本人OPLL患者と非患者(対照群)、合わせて7,922人の集団について、ヒトのゲノム全体に分布する約60万個の一塩基多型(SNP)を調べ、OPLLの発症に関係するSNPを探索しました。次に、これとは別の日本人OPLL患者と非患者、計7,017人の集団で追試を行い、得られた結果の再現性を確認しました。その結果、6つのゲノム領域がOPLLの発症と強い相関があることが分かりました。それぞれのゲノム領域で発症しやすいタイプのSNPがあると、1.3~1.4倍ほどOPLLにかかりやすくなることが分かりました。また、発見した領域に含まれる遺伝子の発現解析を行い、骨化に伴い発現が変化する5つの疾患感受性遺伝子を同定しました。

今回の成果は、遺伝要因をターゲットにしたOPLLの治療法開発や、遺伝情報を用いた個人の病態予測方法の開発などにつながるものと期待されます。

理化学研究所
統合生命医科学研究センター 骨関節疾患研究チーム
チームリーダー 池川 志郎 (いけがわ しろう)