広報活動

Print

2015年7月24日

理化学研究所
慶應義塾大学医学部

思春期特発性側彎症(AIS)発症に関連する遺伝子「BNC2」を発見

-AISの発症機構の解明、新たな治療法の開発へのブレークスルーに-

図 BNC2の過剰発現とゼブラフィッシュでの側弯症の発生

側彎症(そくわんしょう)は背骨が曲がる疾患で、その多くが原因不明の特発性側彎症です。中でも発症頻度が高いのが10歳以降に発症・進行する思春期突発性側彎症(AIS)で、全世界で人口の約2%(日本でもほぼ同比率)にみられます。AISは遺伝的因子と環境的因子の相互作用によって発症する多因子遺伝病であることが明らかになっており、世界中のさまざまなグループが原因遺伝子を探しています。理研の骨関節疾患研究チームは、ゲノムワイド相関解析(GWAS)という手法を用いて、これまでにAISの原因遺伝子として「LBX1」と「GPR126」という2つの疾患感受性遺伝子(疾患の発症し易さを決定する遺伝子)を発見しています。今回、理研を中心とした共同研究グループは、側彎症を対象としたものでは世界最大規模のGWASを行うことで、新たなAIS感受性遺伝子の発見を目指しました。

共同研究グループは、日本人のAIS患者と非患者、約1万3,000人の集団に対して、ヒトゲノム全体をカバーする約400万個の一塩基多型(SNP)を調べ、AISと強い相関を示す27個のSNPを見つけました。この結果を約4,500人の別の日本人集団を用いて検証したところ、あるSNPでAIS発症と非常に強い相関が再現されました。このSNPは「BNC2」という遺伝子内にあり、この遺伝子をもつ患者に多くみられる対立遺伝子はBNC2を増加させました。更に、相関は中国人でも再現されました。

そこで、共同研究グループは、「BNC2が過剰発現すると側彎症を引き起こす」という仮説を立て、モデル動物であるゼブラフィッシュでBNC2を過剰発現させたところ、実際に側彎が起きることを確認しました。今後、BNC2の機能をさらに詳しく調べることで、新しいタイプのAIS治療薬の開発が進むと期待できます。

理化学研究所
統合生命医科学研究センター 骨関節疾患研究チーム
チームリーダー 池川 志郎 (いけがわ しろう)
研究生 小倉 洋二 (おぐら ようじ)