広報活動

Print

2016年7月1日

理化学研究所

後縦靭帯骨化症の発症に関わる遺伝子RSPO2を発見

-脊椎の難病の新たな治療薬開発へ-

OPLLにおけるRSPO2の役割の図

OPLLにおけるRSPO2の役割

後縦靭帯はヒトの背骨の後ろ側にあって、背骨を縦につないでいる靭帯です。後縦靭帯が骨化すると、脊髄や神経を圧迫して、手や足のしびれや痛み、運動障害などさまざまな症状を引き起こします。この病気を「後縦靭帯骨化症(OPLL)」といいます。日本での患者数は潜在的な患者も含めると100万人以上と考えられています。OPLLには、現在のところ根本的な治療法はなく、理学療法や鎮痛剤の投与などの保存的治療と手術で対応しています。このため、厚生労働省の指定難病に指定されています。

過去の疫学研究などから、OPLLは遺伝因子と環境因子の相互作用により発症する“多因子遺伝病”であることが分かっています。理研の研究チームはOPLLのゲノムワイド相関解析を行い、発症に関連する6つのゲノム領域を2014年に発見しています。研究チームは、今回、OPLLの原因や病態を解明するために、それらのゲノム領域からの疾患感受性遺伝子の同定を試みました。疾患感受性遺伝子とは、変異があると発症しやすくなったり、逆に発症しにくくなったりする遺伝子を指します。

研究チームは、理研のFANTOM5などのビッグデータを利用して、ゲノムの8q23.1領域から疾患感受性一塩基多型(SNP)の候補を絞り込み、それらのSNPを含む配列が発現量に影響を及ぼす遺伝子「RSPO2」を見つけました。RSPO2は靭帯、軟骨、骨に特異的に発現し、内軟骨骨化の軟骨初期分化過程において発現が低下していました。内軟骨骨化は、靭帯になるべき間葉系幹細胞が靭帯にならず、軟骨化を引き起こします。研究チームは、RSPO2にコードされるタンパク質のRSPO2がWnt/β-カテニンシグナルを活性化して、内軟骨骨化を抑制することを突き止めました。さらに、疾患感受性SNPがRSPO2の発現量を制御し、OPLLに罹りやすいタイプのSNPを持つ人は、RSPO2の発現量が低下していることを発見しました。このことから、RSPO2は靭帯細胞の分化を制御する“ゲートキーパー”の役割を果たし、その発現量の低下がOPLLを発症すると考えられます(図参照)。

本成果は、今後、RSPO2をターゲットとした新しいタイプのOPLL治療薬の開発へつながると期待できます。

理化学研究所
統合生命医科学研究センター 骨関節疾患研究チーム
チームリーダー 池川 志郎 (いけがわ しろう)
研究員 中島 正宏 (なかじま まさひろ)