広報活動

Print

2016年11月15日

理化学研究所

過剰な恐怖を抑制するための脳内ブレーキメカニズムを解明

-光による神経抑制操作によって恐怖記憶が増加-

恐怖抑制回路の図

図 恐怖抑制回路

不安感や恐怖をもたらす出来事は私たちにとってストレスとなりますが、このような嫌な体験に関する記憶によって、事前に危険を予知し身を守ることができます。しかし、必要以上に強い恐怖記憶の形成は、ストレスと関連した不安障害などの精神疾患の一因となる場合があります。さらに不安障害になると、ストレスに過敏になったり、新たに“過剰な”恐怖記憶を形成することもあります。恐怖記憶が有効に働くためには、実際の体験に見合った適切な強さの恐怖記憶の形成が必要です。そのためには、恐怖を感じるための脳の働きに加えて、過剰な恐怖を抑制するための働きも必要であると考えられてきました。しかし、そのメカニズムはほとんど明らかになっていませんでした。

ラットに何の反応も誘発しない音を提示した後、恐怖体験として弱い電気ショックを与える訓練を行います。すると、ラットは音によって電気ショックの到来を予測することを学習し、音に対してすくみ反応(体を動かさずにしばらくじっとしている行動)という恐怖反応を示すようになります。これを「恐怖条件づけ」といいます。恐怖条件づけにおいて、訓練を繰り返すたびに恐怖反応の強さは増加しますが、十分に行うとそれ以上訓練しても増加しないことが知られています。これは「恐怖学習の漸近現象」として、魚類、ラット、ヒトといった多くの生物種にみられる普遍的な現象です。

今回、理研を中心とする国際共同研究チームはこの現象をもとに、ラットを用いて恐怖体験の事前予測による過剰な恐怖学習の抑制について調べました。恐怖の事前予測がないと、恐怖体験は恐怖記憶の中枢である扁桃体外側核(LA)を強く活性化し、恐怖記憶を形成します(図左参照)。これに対して、恐怖体験の到来が音によって事前予測されると、「扁桃体中心核(CeA)→中脳水道周囲灰白質(PAG)→吻側延髄腹内側部(RVM)」回路が活性化され、その後の恐怖体験が引き起こすLAの活性化が抑制され、過剰な恐怖記憶の形成を防ぐことが分かりました(図右参照)。

本成果の恐怖に対する“脳内ブレーキメカニズム”は、現代社会を生きるためのストレスコントロール、さらに不安障害などのメカニズムの理解につながると期待できます。

理化学研究所
脳科学総合研究センター 記憶神経回路研究チーム
チームリーダー ジョシュア・P・ジョハンセン (Joshua P. Johansen)
客員研究員 小澤 貴明 (おざわ たかあき)