広報活動

Print

2016年11月24日

理化学研究所
和歌山県立医科大学

再発性と多発性肝臓がんのゲノム診断

-肝内転移による再発か多発性かを正確に診断-

肝臓腫瘍間の共通変異の割合と臨床病理診断の比較図

肝臓腫瘍間の共通変異の割合と臨床病理診断の比較

日本では年間約4万人が肝臓がんと診断され、3万人以上が死亡しています。部位別死亡者数では男性で3位、女性で6位となっています。主な原因は、B型肝炎ウイルス(HBV)またはC型肝炎ウイルス(HCV)の持続感染であり、慢性肝炎発症から肝硬変を経ると、高い確率で肝臓がんを発症します。強い発がんリスクのため「多発性発がん」といって、同じ肝臓内にがんが“独立して多発する”場合があります。これは日本人に多いHCV感染からの肝臓がんの特徴です。また「肝内転移」といって、手術による治療後に転移して同じ肝臓内に再発することも多いです。しかしこれらのがんが、肝内転移による再発性肝臓がんなのか、多発性肝臓がんなのかを、臨床情報、画像検査、病理検査によって正確に診断することは簡単ではありません。

今回、理研を中心とする共同研究グループは、23人の肝臓がんの患者から切除した49個の再発性または多発性肝臓がんの病変についてDNAとRNAを抽出し、次世代シーケンサーを用いて全ゲノム配列の解読を行いました。その結果、一つの腫瘍に平均して約1万個の体細胞変異が検出でき、それらの情報をもとに同じ患者に発生した肝腫瘍で共通する変異の割合を調べました。その結果、同じ患者由来の二つまたは三つの腫瘍間で共通する変異が多い群と(20~80%共通)と極めて少ない群(1%未満共通)とに分かれ(図参照)、共通する変異が多い群は再発性がん、少ない群は多発性肝臓がんと診断できました。ただしこの結果は、手術前の臨床情報(腫瘍の大きさ、位置、再発までの期間、血管湿潤の状態など)からの臨床診断、切除標本の病理評価での診断結果とは、約1/3の組み合わせで一致しませんでした(図参照)。しかし、再発性腫瘍は原発巣と共通したゲノム異常、すなわち同じがん由来の異常を持ちます。したがって、今回のゲノム解析での診断がより正確であると考えられます。

再発性/多発性肝臓がんの正確な診断できることによって、今後、治療方針が変わる可能性があります。再発性の場合は非常に予後が悪く、再度、肝臓や別の臓器に複数再発してくる可能性が高いため、切除後に積極的に全身化学療法などを行うことが考えられます。一方、多発性の場合は、再度肝臓内に新しい初期肝臓がんが発生する可能性はあるものの、がんの悪性度は低いため、治療後に予防的な化学療法は行わずに、経過観察や頻回の検査で対処することが考えられます。

理化学研究所
統合生命医科学研究センター ゲノムシーケンス解析研究チーム
チームリーダー 中川 英刀 (なかがわ ひでわき)
研究員 古田 繭子 (ふるた まゆこ)