広報活動

Print

2017年1月31日

理化学研究所

生体防御に不可欠なNKT細胞の新しい分化経路を発見

-「NKTがん治療」の開発に貢献する可能性-

生体防御に不可欠なナチュラルキラーT(NKT)細胞の分化経路の図

図 生体防御に不可欠なナチュラルキラーT(NKT)細胞の分化経路

免疫機能を担う細胞の一つに、1986年に理研の研究者によって発見されたナチュラルキラーT細胞(NKT細胞)があります。NKT細胞はT細胞、B細胞、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)に続く第4のリンパ球と呼ばれ、機能の異なる複数の亜集団から構成されています。先天的に備わっている「自然免疫系」と生後獲得していく「獲得免疫系」の両方を同時に活性化することにより、長期にわたり抗腫瘍効果を発揮する「長期免疫記憶」を誘導する中心的な働きをします。また、アレルギー疾患、慢性炎症性疾患、自己免疫疾患の発症、自己免疫寛容の維持、臓器移植の生着などを制御し、さらにがん免疫や病原体感染防御など“種の生存”に不可欠な生体防御においても重要な役割を果たしています。

免疫反応の際に、T細胞は抗原のタンパク質を認識するのに対して、NKT細胞は抗原の糖脂質を認識します。これまでNKT細胞は、①T細胞と同じ細胞系列に属し、②元々骨髄の中にある造血幹細胞が変化して、リンパ球のもとになる細胞が心臓の少し上にある胸腺という臓器内でT細胞と同じ分化経路をたどるものの、分化の最終段階で分岐し、成熟すると考えられてきました。ところが、この説については不明な点が多く残されていました。

マウスでは、Rag2という遺伝子がリンパ球の「遺伝子再構成」を特異的に活性化します。そこで、理研の研究チームは、胸腺リンパ球の分化経路の最終段階(DPステージ)でRag2遺伝子を欠損させたマウスを作製し、詳しく解析しました。その結果、T細胞とはDPステージで分化成熟する従来のNKT細胞と別に、T細胞が分化・成熟する前の未分化段階において、早期に成熟する新たなNKT細胞が存在することが分かりました。このタイプのNKT細胞は全体の約20%を占め、主に肝臓に分布することも分かりました(図参照)。また、新たなNKT細胞の特徴を解析したところ、がんの排除や病原体感染防御に必須のインターフェロン-ガンマなどのサイトカインや、抗原を殺傷する細胞障害活性に重要なパーフォーリンやフランザイムという顆粒タンパク質を多く発現していることが分かりました。以上の結果から、新たに発見されたNKT細胞は「生体防御に不可欠なNKT細胞」であることが示されました。

本成果は、さまざまな免疫細胞の機能獲得の機序の解明や、NKT細胞を標的とした高効果ながん免疫治療の開発につながると期待できます。

理化学研究所
統合生命医科学研究センター 免疫制御戦略研究グループ
グループディレクター 谷口 克 (たにぐち まさる)
研究員 Dashtsoodol Nyambayar (ダシツォードル・ニャムバヤル)