広報活動

Print

2017年3月16日

理化学研究所
先端医療振興財団
神戸市立医療センター中央市民病院
京都大学iPS細胞研究所
日本医療研究開発機構

加齢黄斑変性に対する自己iPS細胞由来網膜色素上皮シート移植

-安全性検証のための臨床研究結果を論文発表-

自己iPS細胞由来網膜色素上皮細胞(iPS-RPE)作製と移植までの流れの図

図 自己iPS細胞由来網膜色素上皮細胞(iPS-RPE)作製と移植までの流れ

網膜の中心部に、直径2mmほどの黄斑と呼ばれる領域があります。黄斑は網膜において視力を、黄斑以外の部分は視野を担っています。この黄斑の機能が加齢に伴って低下し、視力障害を起こす病気が「加齢黄斑変性」です。日本では50歳以上の約1%にみられ、高齢になるほど多くなります。加齢黄斑変性には滲出型と萎縮型があります。滲出型では、新生血管が脈絡膜という血管層から網膜色素上皮下や網膜下に生え出すことにより出血が起こります。萎縮型は新生血管が発生しないタイプで、ゆっくり進行します。

理研を中心とした共同研究グループは滲出型加齢黄斑変性の患者を対象として、iPS細胞を用いた細胞治療の安全性を検証することを目的に、世界初の臨床研究を2013年より行いました。その計画は、①患者の皮膚から培養した線維芽細胞に、エピゾーマルベクターを用いて5因子(GLIS1、L-MYC、SOX2、KLF4、OCT3/4)を導入しiPS細胞を誘導、②網膜色素上皮細胞(RPE)を分化してシートを作製し、③新生血管の抜去後にその自己iPS細胞由来網膜色素上皮細胞シート(iPS-RPEシート)を網膜に移植するというものです。対象患者として2名がエントリーされ、それぞれiPS-RPEシートを作製し、シートに関して品質検査試験(形態、マーカー染色、マーカー遺伝子発現、生存率)と安全性試験(免疫不全動物での造腫瘍試験)を行い、全ゲノム解析と全エクソーム解析により参考データを得ました(図参照)。

2014年9月にそのうちの1人(女性)に移植を実施したところ、1年後の評価において、腫瘍形成、拒絶反応などを認めず、新生血管の再発もみられませんでした。また、視力は移植手術前の状態を維持しており、安全性試験の経過も良好でした。その後1年半経過した現在も、腫瘍形成や拒絶反応はみられていません。2例目(男性)に関しては、参考データとしてのゲノム解析で検出された遺伝子の変異(X染色体上の遺伝子の欠失)に関して統一した解釈が得られなかったことと、病状が現行治療で比較的安定していたことから、移植手術は延期されています。また、法改正に伴い本臨床研究は一旦エントリーを終了しています。

1例の報告ですが、iPS-RPEシートを用いた細胞治療が安全に実施できることを示しました。今後は、免疫型(HLA)を考慮した上での他家iPS細胞(他人の細胞から誘導したiPS細胞)のストックを用いた臨床研究への発展が期待できます。

理化学研究所
多細胞システム形成研究センター 網膜再生医療研究開発プロジェクト
プロジェクトリーダー 高橋 政代 (たかはし まさよ)
(先端医療振興財団 先端医療センター病院 眼科部長
神戸市立医療センター中央市民病院 医師)