広報活動

Print

2017年4月18日

理化学研究所
東京医科歯科大学
日本医療研究開発機構

心房細動に関わる新しい遺伝子マーカ―を同定

-心房細動の遺伝的人種差と発症メカニズムの解明に貢献-

「心房細動」は、心臓の心房内に異常な電気信号が発生し、心房が不規則に細かく震える不整脈です。臨床現場で最もよくみられる不整脈で、心不全や脳梗塞などの重篤な疾患を引き起こすこともあります。日本を含む先進国では罹患率、死亡率ともに上昇しているため、予防のためのリスク予測などが望まれています。

これまでの研究から遺伝的要因の関与が知られており、2014年には大規模ゲノムワイド関連解析(GWAS)と国際的なメタ解析により14個の感受性遺伝子領域が同定されました。GWASとは疾患の感受性遺伝子を見つける代表的な方法で、ヒトゲノムを網羅した数百万~1000万の一塩基多型(SNP)を対象に、対象サンプル群における疾患との因果関係を評価できます。2002年に理研が世界に先駆けて実施し、その後世界中に広まりました。

今回、理研を中心とした国際共同研究グループは、心房細動の日本人集団(患者11,300人と対照者153,676人)を対象としたGWASを行いました。その結果、6個の新たな感受性遺伝子領域を発見し、①そのうちの5個は日本人集団のみで有意であること、②新たな6個のうちの2個は神経回路の軸索形成に関わる遺伝子群であり、胚発生の過程で重要な神経堤細胞と呼ばれる細胞の分化経路が発症に関与することが分かりました。さらに、新たな6個と既知の9個の感受性遺伝子上のSNPから遺伝的リスクスコア(複数のSNPを遺伝的なリスク要因として集約し、疾患発症を予測するためのスコア)を作りました。その結果、スコアが高い群は低い群よりも約7倍発症しやすいことが分かりました(図参照)。一方、心房細動ゲノム解析研究国際コンソーシアムでは、GWAS(患者18,398人と対照者91,536人)、エキソームチップを用いた関連解析とレアバリアント解析(患者22,806人と対照者132,612人)を行い、12個の感受性遺伝子領域を同定しました。

本成果は今後、心房細動発症の詳細なメカニズムの解明や効果的な創薬につながり、同定されたSNP群は発症リスクを予測する遺伝子マーカーとしての活用が期待できます。

遺伝的リスクスコアを用いた心房細動発症リスクの検討図

図 遺伝的リスクスコアを用いた心房細動発症リスクの検討

理化学研究所
統合生命医科学研究センター 循環器疾患研究チーム
チームリーダー 伊藤 薫 (いとう かおる)

統合生命医科学研究センター 統計解析研究チーム
チームリーダー 鎌谷 洋一郎 (かまたに よういちろう)