広報活動

Print

2017年9月12日

理化学研究所
日本医療研究開発機構
東北大学東北メディカル・メガバンク機構
岩手医科大学いわて東北メディカル・メガバンク機構

肥満に影響する遺伝マーカーを解明

-日本人17万人の解析により肥満に関わる病気や細胞を同定-

体重と病気の遺伝学的相関の図

図 体重と病気の遺伝学的相関

肥満になると糖尿病、高血圧、脂質異常症、心筋梗塞、脳梗塞、変形性膝関節症などの病気を発症するリスクが高くなります。肥満の原因は食べすぎや運動不足などだけでなく、遺伝的な影響も大きいことが知られています。しかし、遺伝要因が体重の個人差をもたらす生物学的なメカニズムについてはよく分かっていません。

今回、理研を中心とする共同研究グループは、日本人約16万人の遺伝情報を用いた大規模なゲノムワイド関連解析(GWAS)と日本人約1.5万人による再現性の検証に加えて、欧米人約32万人との民族横断的解析を行いました。その結果、体重調節に関わるヒトゲノム上の193の遺伝的変異(感受性領域)を同定しました。このうち、112領域は初めて同定されたものです。また、エピゲノム(ゲノム情報にかかわらず遺伝子のオン・オフのスイッチを切り替える仕組みで、組織や細胞型ごとに異なる)情報とGWASの統合解析により、これまで知られていた脳の細胞のほかに、免疫細胞のリンパ球が体重調節に重要な役割を果たすことが分かりました。

さらに、GWASの結果を用いて、33の病気と体重の遺伝的な関わりを評価したところ、痩せ型の人は遺伝的に関節リウマチ、思春期特発性側彎症(そくわんしょう:背骨が曲がる疾患)、統合失調症を、肥満型の人は糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞などだけでなく、気管支喘息や後縦靭帯骨化症(背骨の靭帯が骨化する病気)の発症リスクが高いことが示されました(図参照)。

本成果は今後、体重に関わる幅広い科学分野での研究の発展に寄与するものと期待できます。特に、免疫細胞における遺伝子調節機構がどのようにして体重の個人差をもたらすのか、に着目した研究が進んでいくと考えられます。

理化学研究所
統合生命医科学研究センター
副センター長 久保 充明 (くぼ みちあき)

統合生命医科学研究センター 統計解析研究チーム
チームリーダー 鎌谷 洋一郎 (かまたに よういちろう)
リサーチアソシエイト 秋山 雅人 (あきやま まさと)