広報活動

Print

2017年10月26日

理化学研究所

急性骨髄性白血病を克服する治療法

-発症と治療抵抗性の2遺伝子を標的に悪性白血病細胞を根絶-

白血病は血液のがんで、がん化した細胞のタイプによって「骨髄性」と「リンパ球性」に分類されます。リンパ球性白血病では分化するとリンパ球になるはずの細胞ががん化し、骨髄性白血病ではリンパ球以外の白血球や赤血球、血小板になるはずの細胞ががん化します。

急性リンパ球性白血病は小児に多いのに対し、成人に多い急性骨髄性白血病は再発率が高く、命を落とす人が少なくありません。このため、再発を防ぎ、根治へと導く治療法の開発が強く望まれています。急性骨髄性白血病では、患者ごとに複数の異なる遺伝子異常が存在しており、そのうちのどれが白血病発症に不可欠か、また治療標的として最適かは分かっていませんでした。

今回、理研を中心とする国際共同研究グループはまず、患者から提供されたさまざまな細胞を免疫のないマウスに移植して作出する「ヒト化マウス」を用いて詳しく解析しました。その結果、白血病細胞への変化は多くの場合、造血幹細胞から少し成熟した前駆細胞の段階で「FLT3遺伝子」が変異することで起こることが分かりました。次に、FLT3遺伝子異常と他の遺伝子異常を同時に持つ19人の患者の病態をヒト化マウスで再現し、治療法の開発を目指しました。まず、FLT3タンパク質の異常なシグナルを阻害する低分子化合物「RK-20449」の投与だけだと、5症例で白血病細胞を根絶できましたが、残る14症例では、RK-20449に抵抗性を持つ白血病細胞が一部死滅せずに残りました。この治療抵抗性の原因を探ったところ、細胞が死なないように「BCL2タンパク質」が働くためであることが分かりました。そこで、RK-20449とBCL2阻害剤を併用することで、約8割の症例で白血病細胞を根絶することに成功しました(図参照)。

本成果は今後、特に治療が難しい急性骨髄性白血病患者を救うための新たな治療法になるものと期待できます。

複数の遺伝子異常を持った急性骨髄性白血病の根治療法の開発の図

図 複数の遺伝子異常を持った急性骨髄性白血病の根治療法の開発

理化学研究所
統合生命医科学研究センター ヒト疾患モデル研究グループ
グループディレクター 石川 文彦 (いしかわ ふみひこ)