広報活動

Print

2017年12月20日

理化学研究所

地域気候変動を理解する新評価手法の開発

-平均的な気候変化と擾乱の質的変化、どちらが大事?-

将来の降水変化を決める二つの役者の図

図 将来の降水変化を決める二つの役者

温室効果ガスが増加すると、地球全体の平均的な大気の状態が変化し、気温が上昇し、大気中の水蒸気量が増加します。それと同時に、台風や温帯低気圧といった気象擾乱の発生個数や強度および通過経路にも変化が生じます(図参照)。現在、コンピュータを利用して気候変動への対策や適応策を事前に検討する研究が進んでいますが、それには全地球規模だけでなく地域ごとでの気候変化を理解することが重要です。

今回、理研の研究チームは、独自に開発した数値モデルSCALE-RMを用いて、4種類の領域気候計算を行いました。これらの計算結果の比較により、将来の地域気候変化のうち、①「地球全体の平均的な状態」の変化の影響、②「台風や温帯低気圧などの気象擾乱」の変化の影響の定量的評価が可能になりました。同時に両者の変化による相互作用の影響も明らかになります。本手法の有効性を示すため、スーパーコンピュータ「京」を使って、西日本を中心とする水平方向約1,000km四方の領域を対象にした計算を行いました。その結果、平均降水量と連続無降水日日数の将来変化の大部分は②で説明され、①だけを考慮するのでは不十分であること、強い雨(年最大日降水量)の将来変化は、①と②が互いに打ち消しあっていることなどが分かりました。さらに、将来の降水変化への適応策には、集中豪雨の被害軽減の観点からは強い降水の変化が、水資源の観点からは積算降水量の変化が重要ですが、前者には①が、後者には②が大きく寄与することが分かりました。

これまでの①のみを考慮してきた方法を拡張し、②も同時に考慮する本手法は、従来の領域気候アセスメントに、より正確な情報を提供するブレークスルーとなります。

理化学研究所
計算科学研究機構 研究部門 複合系気候科学研究チーム
研究員 足立 幸穂 (あだち さちほ)
チームリーダー 富田 浩文 (とみた ひろふみ)