広報活動

Print

2018年1月17日

筑波大学
理化学研究所

緑藻“プロトテカ”が真っ白になった理由

国立大学法人筑波大学生命環境系 平川泰久助教と筑波大学生物科学専攻 鈴木重勝(現所属:国立研究開発法人国立環境研究所)は、理化学研究所バイオリソースセンター 大熊盛也室長、遠藤力也協力研究員、理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター 眞鍋理一郎上級研究員との共同研究により、光合成を行なわない無色の緑藻、プロトテカ2種(Prototheca cutis JCM 15793とPrototheca stagnora JCM 9641)でゲノム配列の解読を行いました。

詳細は筑波大学のホームページをご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

このページのトップへ