広報活動

Print

2018年2月16日

理化学研究所
北海道大学

胆道がんの原因遺伝子変異と発生起源細胞を同定

-胆道がんに遺伝性腫瘍が含まれる可能性-

胆道(胆嚢と胆管)は、肝臓で産出された胆汁を十二指腸へ輸送、または蓄える器官です。その上皮細胞から発生した腫瘍が胆道がんです。胆道がんは世界的にみると稀ですが、日本においては発生頻度が高く、6番目に死亡数の多いがん種となっています。

また発生部位によって、肝内胆管がん、上部胆管がん(肝門部胆管がん)、下部胆管がん、胆嚢がんの四つに大きく分類されます。これらの部位によって、発症リスクや悪性度、予後などの生物学的特性が異なり、また外科手術などの治療法も変わります。

今回、理研を中心とした国際共同研究グループは、日本とイタリアの胆道がん412例の大規模なゲノム解析を行ったところ、既知の32個の遺伝子と新たに同定したMUC17遺伝子が、胆道がん発症にとって重要な変異遺伝子であり、それらは患者の予後や再発リスクと強く関連していることが分かりました。特に、7番染色体に位置するMUC17遺伝子の欠失が64%の症例で観察され、MUC17タンパク質が欠失する胆道がんは周辺血管への浸潤が強く、再発率が高い傾向にありました(図参照)。また、肝臓内に発生する肝内胆管がんの一部は、胆道上皮細胞由来ではなく、肝細胞由来であることを明らかにしました。さらには、これら胆道がん患者には、少なくとも11%も遺伝子性腫瘍が含まれており、胆道がんの診療やゲノム医療については、留意する必要があります。

本成果により今後、胆道がんの詳細な分子生物学的な分類が進展し、その分類に応じて治療方針を決定する個別化医療(がんゲノム医療)が進むものと期待できます。

412例の胆道がんのゲノム変異プロファイルと胆道がんの予後との関連の図

図  412例の胆道がんのゲノム変異プロファイルと胆道がんの予後との関連

理化学研究所
統合生命医科学研究センター ゲノムシーケンス解析研究チーム
チームリーダー 中川 英刀 (なかがわ ひでわき)
研究員 藤田 征志 (ふじた まさし)