広報活動

Print

2018年2月26日

東京大学
理化学研究所

価数の揺らぎが引き起こす電子の「量子」超臨界状態の発見

東京大学物性研究所(所長 瀧川仁)の久我健太郎特任研究員、松本洋介助教、中辻知教授らの研究グループは理化学研究所(理事長 松本紘)放射光科学総合研究センターと協力して、大型放射光施設SPring-8の理研ビームラインBL29XUを利用した硬X線光電子分光測定を行うことで、イッテルビウム系化合物(α-YbAlB4)に鉄を微小量(1.4%)添加することでイッテルビウムイオンの価数が急峻に変化するクロスオーバーを発見しました。クロスオーバー領域では価数が不安定であり、価数の臨界揺らぎが発達していると考えられます。

詳細は東京大学物性研究所のホームページをご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

このページのトップへ