広報活動

Print

2018年3月1日

農研機構
理化学研究所

機能分子を「結合できる手」を持つシルクの高効率生産を実現

農研機構と理研らの共同研究チームは遺伝子組換えカイコを用いて、機能分子を簡単につなげられる「結合の手」を組み込んだシルクを開発しました。「結合の手」に色素や薬剤などの望みの機能分子をつなげることで、簡便・柔軟にシルクの性質を改変できます。

詳細は農研機構のホームページをご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

このページのトップへ