広報活動

Print

2018年3月29日

大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構
国立研究開発法人 理化学研究所
国立大学法人 九州大学

メンデレビウム同位体を始め6個の超ウラン元素同位体の直接質量測定に初めて成功

-質量測定による新超重元素の質量数、原子番号の決定に道筋-

高エネルギー加速器研究機構・素粒子原子核研究所・和光原子核科学センター(宮武宇也センター長)の和田道治教授、ピーター・シュリー助教、理化学研究所・仁科加速器研究センター(延與秀人センター長)の伊藤由太基礎特別研究員(研究実施当時)、加治大哉仁科センター研究員、九州大学大学院理学研究院・物理学部門を中心とする国際共同研究グループは、理研の重イオン加速器施設「RIビームファクトリー(RIBF)」に於いて、気体充填型反跳分離器(GARIS-II) および多重反射型飛行時間測定式質量分光器(MRTOF-MS) を用いて、原子番号Z=99-101のアインスタイニウム、フェルミウム、メンデレビウムの同位体の6核種の質量直接測定に成功しました。さらにこれらの質量測定値から、ローレンシウム(Z=103)、ドブニウム(Z=105)、ボーリウム(Z=107)、マイトネリウム(Z=109番)の同位体まで7核種の質量を間接的に決定しました。

詳細は高エネルギー加速器研究機構のホームページをご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

このページのトップへ