広報活動

Print

2018年5月24日

東京大学
理化学研究所
高輝度光科学研究センター
東京理科大学
分子科学研究所

上下の環境が異なる特定元素のみをマッピングする基礎技術を実証

東京大学の研究グループは、理研ほかの各研究グループと共同で、X線自由電子レーザー施設SACLAを用いた軟X線の非線形光学効果(第2次高調波発生)を観測することに成功しました。また光物性の量子力学計算によって、この信号発生は内殻共鳴効果が2重に発生することで増幅されることも明らかになりました。

詳細は東京大学 物性研究所のホームページをご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

このページのトップへ