広報活動

Print

2018年8月27日

東京大学
理化学研究所
埼玉県

データポータビリティと安全性を満たすeポートフォリオの運用法を考案

2020年度以降の大学入試において用いられるeポートフォリオについては、データポータビリティとともに文部科学省のガイドラインが要請するセキュリティを満たす必要があります。しかし、それらの要件を明確に満たすeポートフォリオの仕組みは一般には知られていませんでした。

東京大学 大学院情報理工学系研究科 ソーシャルICTセンターの橋田教授(理化学研究所 革新知能統合研究センターのチームリーダーを兼任)は、理化学研究所および埼玉県との共同研究「eポートフォリオの構築と活用に関する研究」により、eポートフォリオを分散PDSの一種であるPLRを用いて実現する仕組みを考案しました。この仕組みは、上記のデータポータビリティとセキュリティを満たすとともに、想定される仕組みの中でも特に安全で安価なものであると考えられます。

東京大学、理化学研究所および埼玉県は、埼玉県の県立高校で2018年度内にこの仕組みの実証実験を行ない、2019年度に実運用を開始する予定です。また、この仕組みと連携する入学や就職の出願受付システムをオープンソースで公開する予定です。文部科学省が構想する「スタディ・ログ」もこの仕組みの活用によって実現できます。

詳細は東京大学の報道発表資料 PDF(445KB)をご覧ください。ご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

このページのトップへ