広報活動

Print

2018年8月31日

日本原子力研究開発機構
理化学研究所

高速回転で探る磁石中の電子の回転運動の消失

-回転運動の消失による高速磁気デバイスの材料探索に道を拓く-

日本原子力研究開発機構 先端基礎研究センター スピン-エネルギー変換材料科学研究グループの今井正樹特定課題推進員、理化学研究所 創発物性科学研究センターの前川禎通特別顧問らの研究グループは、磁石が磁気を持つ素となる電子の回転運動(角運動量)を観測する高速回転装置を開発しました。

回転している物質中の磁気を測定することは、角運動量と磁気の関係の解明に役立ちます。磁石内部の角運動量は、磁気の制御と密接に関わる重要な物理量です。しかし、微小な磁気や角運動量の測定は、地球が持つ地磁気をはじめ、周囲のさまざまな磁気の影響を受けるため、測定が大変困難です。そこで、本研究ではモーターなどの磁石を使わない高速回転装置を使用するなど、磁気を測定系から排除した角運動量測定装置を開発しました。本装置を使うことで、今まで測定ができなかった物質中の磁気と角運動量の温度変化を測定することに成功しました。フェリ磁性体と呼ばれる磁石においては、今まで測定することができなかった角運動量が消失する角運動量補償温度の観測に成功しました。

本装置では、さまざまな物質で角運動量補償温度を測定することで、コンピューターの高速化などに必要な次世代の高速磁気メモリーの材料探索につながると期待されます。

詳細は日本原子力研究開発機構のホームページをご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

このページのトップへ