広報活動

Print

2018年9月18日

東北大学
理化学研究所

植物の病原菌感染を防ぐ画期的な植物免疫強化剤を開発

-植物免疫の歴史的難問「生長と防御のトレードオフ」を解決-

世界の農作物生産量の10-15%(5億人分)は病害によって失われており、その解決は世界的課題です。植物は、病原菌に感染すると「免疫ホルモン」を分泌して様々な防御応答を活性化しますが、防御に必要なエネルギーを作るため、副作用として植物の生長を停止させます(「生長と防御のトレードオフ」)。このトレードオフを解消できれば、病原菌感染を防ぐ強力な手段となります。

東北大学大学院理学研究科(兼務 同大学院生命科学研究科)の上田実教授らが開発した植物ホルモン受容体「バイアス型アゴニスト」は、植物の生長に影響せず、病原菌感染防御応答のみを活性化します。この研究成果は、植物の病原菌感染耐性を強化する画期的な植物免疫活性化剤の開発に繋がると期待されます。

詳細は東北大学のホームページをご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

このページのトップへ