広報活動

Print

2018年10月4日

東京大学
理化学研究所

バイオマス生産性を向上させた環境ストレス耐性植物の開発

-干ばつや寒波による作物の減収の改善に期待-

東京大学大学院農学生命科学研究科の篠崎和子教授らとマックスプランク研究所および理化学研究所の共同研究グループは、植物における環境ストレス耐性と成長のトレードオフの関係を打破できることを明らかにしました。植物は環境ストレスを受けると、数多くの遺伝子の発現を変化させることにより、耐性を獲得する機構を持っています。その一方で、成長を調節して自らの生育を抑制してしまうため、環境ストレス耐性の獲得は植物の成長とトレードオフの関係にあることが知られています。これまでに開発された乾燥ストレス耐性植物の多くはバイオマス量や収量が減少し、農業への応用に課題が残されていました。

今回、本研究グループは、バイオマス生産性を向上させた環境ストレス耐性植物を開発しました。乾燥ストレス耐性遺伝子DREB1Aと成長促進遺伝子GA5の2つの遺伝子を植物に集積させる新たなアプローチによって、環境ストレス耐性が向上しながらもバイオマス生産性を高めることができることを明らかにしました。本研究により、植物の環境ストレス条件下での成長制御機構の理解が進むとともに、干ばつや寒波よって起こる作物の減収を防ぐための技術として応用されることが期待されます。

詳細は東京大学大学院農学生命科学研究科・東京大学農学部のホームページをご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

このページのトップへ