広報活動

Print

2018年12月19日

慶應義塾大学
理化学研究所
山陽小野田市立山口東京理科大学
農業・食品産業技術総合研究機構

乾燥しても死なない細胞はなぜ死なずに生き返ることができるのか?

-Pv11細胞の乾燥耐性および再水和復活メカニズムの示唆-

慶應義塾大学理工学部生命情報学科の山田貴大助教と舟橋啓准教授、カザン大学のRuslan Deviatiiarov博士、Alexander Nesmelov博士、理化学研究所のOleg Gusevユニットリーダー、山陽小野田市立山口東京理科大学の広井賀子教授、および農研機構の末次克行主任研究員、Richard Cornette上級研究員、黄川田隆洋上級研究員らのグループは、乾燥させても死なず、水を与えることで再び細胞分裂が再開するPv11細胞の乾燥耐性という不思議な現象に着目し、トランスクリプトーム解析を通して、このメカニズムに関与する遺伝子の推定を行いました。この結果、乾燥に対する耐性を誘導するためには、生体にとって障害となる活性酸素の影響を除去する遺伝子や、水を与えられることで乾燥時にダメージが蓄積したDNAを修復する遺伝子が高発現することを明らかにしました。これらの成果から、推定した遺伝子群を、乾燥耐性を持たない別の生物に遺伝子導入することで、乾燥しても死なない新たな生物の創生が期待されます。

本研究成果は学術雑誌Scientific Reportsへの掲載に先立ち、同誌Webサイトにてオンライン速報版が2018年12月18日(火)(英国時間)に公開されました。

詳細は慶應義塾大学のホームページをご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

このページのトップへ