広報活動

Print

2019年1月30日

株式会社ユーグレナ
国立研究開発法人理化学研究所
国立大学法人筑波大学

ミドリムシが油を生産する際の硫黄に関する副次的反応を解明

-バイオ燃料生産効率化に貢献する成果-

株式会社ユーグレナ、理化学研究所、および筑波大学の研究チームは、ミドリムシ(学名:微細藻類ユーグレナ)の油脂生産時における硫黄化合物の代謝変化の実態を明らかにしました。

ミドリムシは、食品やバイオ燃料への応用が進められています。特に、バイオ燃料生産に応用する際の課題として、生産性を上げることと同時に、油脂を生産するプロセスにおける硫黄化合物系の臭いの発生が課題として挙げられています。

本研究チームは、サンプル中の硫黄化合物を網羅的に解析することができる技術であるサルファーインデックス®を活用することで、発生する臭いの主成分が硫化水素であることを突き止め、さらにその発生原因がミドリムシ細胞内のタンパク質、およびグルタチオンの分解に由来することを明らかにしました。

この情報をもとに、ミドリムシの油脂生産性をあげることや臭いの発生を抑制する技術の開発が可能になると考えられ、高効率バイオ燃料の研究などを加速させることに役立つことが期待されます。

詳細は株式会社ユーグレナのホームページをご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

このページのトップへ