広報活動

Print

2019年5月20日

金沢大学
東京大学大学院理学系研究科
理化学研究所
日本医療研究開発機構

がんの診断・治療につながる環状ペプチドを発見!

金沢大学がん進展制御研究所/ナノ生命科学研究所/新学術創成研究機構の酒井克也助教、柴田幹大准教授、松本邦夫教授、東京大学大学院理学系研究科の菅裕明教授、理化学研究所生命機能科学研究センターの向井英史ユニットリーダー、渡辺恭良チームリーダーらの共同研究グループは、がん細胞の転移や抗がん剤耐性を促進する肝細胞増殖因子(HGF)と特異的に結合する環状ペプチド「HiP-8」を発見し、HiP-8がHGFの作用を阻害すること、およびHiP-8により体内のHGFが豊富ながん組織を可視化できることを実証しました。

HGFは細胞外に分泌されるタンパク質であり、その受容体タンパク質METと結合することで、組織の成長・再生を促します。ところが、さまざまながん組織においては、HGFががん細胞に作用すると、がんの転移や抗がん剤に対する耐性獲得を促進します。そのため、HGF-METの結合を阻害する分子の開発が求められています。

本共同研究グループは、RaPID法を用いて、HGFに結合する環状ペプチドを初めて取得することに成功しました。この環状ペプチド「HiP-8」は、極めて高い特異性でHGFに結合するとともに、HGFの作用を阻害することを明らかにしました。また、放射性同位元素で標識したHiP-8をがんモデルマウスに投与することで、個体内のHGFが豊富ながん組織をPET(ポジトロン断層法)イメージングにより可視化できることを実証しました。

これらの研究成果は、転移性の高いがんや抗がん剤が効き難いがんの治療や画像診断に活用されることが期待されます。

詳細は金沢大学のホームページをご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

このページのトップへ