広報活動

Print

2019年5月30日

慶應義塾大学
理化学研究所

電流の渦から磁気を生み出すことに成功

-銅の傾斜材料を利用したスピントロニクスの材料革命-

慶應義塾大学大学院理工学研究科の岡野元基(おかのげんき・博士課程2年、学振研究員(DC1))、能崎幸雄教授、中国科学院大学カブリ理論科学研究所の松尾衛准教授、大沼悠一博士研究員、理化学研究所創発物性科学研究センターの前川禎通上級研究員らは、表面を酸化した銅において電流が磁気の流れ「スピン流」を生み出す現象が、電流の渦を起源とする証拠を発見しました。本研究で実証された新しいスピン流生成法によって、磁石や貴金属を必要としない省エネルギー磁気デバイスの実現が期待されます。

本研究成果は、米国物理学会誌「Physical Review Letters」に、5月29日(現地時間)付でオンライン掲載されました。

詳細は慶應義塾大学のホームページをご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

このページのトップへ