広報活動

Print

2019年9月6日

川崎医科大学
長崎大学
広島大学
理化学研究所

肺がん免疫チェックポイント療法の効果を予測するバイオマーカーを発見

川崎医科大学免疫腫瘍学教室 岡 三喜男 特任教授、長崎大学大学院医歯薬学総合研究科展開医療科学講座 福田 実 准教授、広島大学大学院医系科学研究科分子内科学服部 登 教授、理化学研究所 医科学イノベーションハブ推進プログラム がん免疫データ多層統合ユニット 垣見 和宏 ユニットリーダーの共同研究グループは、非小細胞肺がんに対する免疫チェックポイント療法(抗PD-1抗体療法:オプジーボまたはキイトルーダ)の効果を予測しモニタリングする血清バイオマーカーを世界で初めて同定しました。

同教室の岡 三喜男 特任教授の研究グループは、長年、がん細胞に特異的に発現するがん抗原と、それに対する患者の免疫反応について研究をしてきました。その中でも肺腺がんに特異的に発現するXAGE1抗原と、肺扁平上皮がんに発現するNY-ESO-1抗原に注目し、これら抗原に対する患者血清中の抗体を測定しました。抗PD-1抗体療法を行った非小細胞肺がん75例を解析した結果、抗体を有する肺がん患者の65%(11/17)に奏効、抗体をもたない患者では19%(11/58)に奏効し、両者の間に有意な差がみられ、抗体陽性患者では有意に生存期間が延長しました。さらに非喫煙者には抗PD-1抗体療法が効かないとされていたが、非喫煙の抗体陽性患者には奏効し、うち1例では完全にがんが消失しました。興味深いことに、抗体は効果に伴って低下し、効果のモニタリングにも有用でした。

研究成果の論文は、世界肺癌学会の公式誌Journal of Thoracic Oncologyにオンラインで公開されました。これらの研究は、川崎医科大学、長崎大学、広島大学、東京大学、理化学研究所との共同研究です。

詳細は川崎医科大学の報道発表資料をご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

このページのトップへ