広報活動

Print

2009年9月8日

理化学研究所

職員の逮捕について

本日、当研究所基幹研究所の主任研究員が背任罪の容疑で警視庁に逮捕されました。当研究所始まって以来の不祥事であり、誠に遺憾なことであります。深くお詫び申し上げます。

今後、当研究所による調査および捜査の結果を踏まえ、このような事が二度と起こらぬよう再発防止策を定め、適切に対処していく所存であります。

概要

1)当該主任研究員は、平成16年度から平成20年度にかけて秋葉産業株式会社代表取締役と共謀の上、架空取引を行い当研究所に損害を与えた。

2)警察によれば架空取引は21件、合計約1,172万円であった。

今後の対応

1)本日、本件に関する懲戒委員会を設置した。早急に且つ厳正に審査を行い、処分を決定する。

2)本日、外部有識者(弁護士、公認会計士)を含む調査委員会(委員長:大熊総括担当理事)を設置した。調査委員会は、本件の原因究明を行うとともに同様の事案の有無について調査を実施し、改善方策を策定する。


理化学研究所主任研究員の逮捕に関する理事長見解

本日、当研究所基幹研究所の主任研究員が背任罪の容疑で警視庁に逮捕されました。当研究所始まって以来の不祥事であり、痛恨の極みです。
ここに、国民の皆様はじめ関係の皆様方に深くお詫び申し上げます。

範を垂れるべき立場の者が、長期間にわたりこのような行為を行っていたことは誠に遺憾なことであります。また、国民の税金を原資とする研究活動への国民の信頼を揺るがす重大な問題です。
理化学研究所では研究者が科学の進歩に向けて、そしてわが国社会の発展のために、最先端の研究に日夜精進しています。一部の倫理観の欠如した者により研究意欲を削がれてはならないと思っています。
今後、二度とこのようなことが起こらないよう、徹底した再発防止策を講じるとともに、理研全体の意識改革をはかり、国民の期待に沿えるよう努める所存であります。

お問い合わせ先

独立行政法人理化学研究所
総務部長 前川 治彦
Tel: 048-467-9201 / Fax: 048-462-1554

報道担当

独立行政法人理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム