広報活動

Print

2009年12月2日

理化学研究所

川端文部科学大臣がバイオリソースセンターをご視察

平成21年12月2日(火)、川端達夫文部科学大臣が理研BRCを視察しました。

大臣は、野依良治理事長より理化学研究所の全体概要説明の後に小幡裕一センター長よりバイオリソース事業についての説明を受けました。続いてライフサイエンスの実験で欠かすことのできないさまざまな疾患のモデルとなるマウスや、再生医療へ向けた研究などで注目を集めるiPS細胞、環境や食料の課題解決の鍵となるモデル植物シロイヌナズナを観察されました。中でもiPS細胞やiPS細胞から変化させた心筋細胞の拍動する様子に関心をもたれていました。

大臣は「事業仕分けで議論はあったが、科学技術をきちんとしなければということに異存はない。研究の現場を自分の目で確かめたかった。」と語りました。また、見学後の懇談では、「『技術』は途絶えても再び巻き返すことはできるが『技能』は途絶えるとどうにもならない」と、基盤に携わる技術者の重要性についてコメントされました。

視察時の様子