広報活動

Print

2010年4月22日

理化学研究所

藤井直敬チームリーダーがゴールド・メダル 東京テクノ・フォーラム21賞を受賞

藤井直敬チームリーダー(理研脳科学総合研究センター 適応知性研究チーム)が、読売新聞社系のゴールド・メダル「東京テクノ・フォーラム21賞」を受賞しました。
今年の受賞は、「新たなBMIによる社会的脳機能解明のための先駆的研究」の功績対して贈られたものです。授賞式は4月14日に如水会館(東京都千代田区)において行われました。

藤井直敬チームリーダー 略歴

学歴

1991年 東北大学 医学部卒業
1997年 東北大学 大学院医学系研究科 博士課程修了(医学博士)

職歴

1991年 東北大学医学部 研修医(1993年まで)
1998年 マサチューセッツ工科大学、McGovern Institute ポスドク研究員(2002年まで)
2002年 マサチューセッツ工科大学、McGovern Institute 上級研究員(2004年まで)
2004年 独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター 象徴概念研究チーム研究員(2004年まで)
2004年 東京医科歯科大学客員講師(2008年まで)
2004年 独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター 象徴概念研究チーム副チームリーダー(2008年まで)
2008年 独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター適応知性研究チームチームリーダー(現在まで)
2008年 理研BSI-トヨタ連携センター双方向性BMI研究ユニットユニットリーダー(現在まで)
2008年 東京大学客員講師(現在まで)
(参考)

2009年11月
第63回毎日出版文化賞自然科学部門受賞
「つながる脳」藤井直敬・著(NTT出版)

受賞者の写真

藤井直敬チームリーダー(中央)

そのほかの受賞者
●高橋和利氏:京都大講師「iPS細胞(人工多能性幹細胞)の作製とその技術的改良」(左)
●吉崎悟朗氏:東京海洋大准教授「生殖細胞の異種間移植による代理親魚養殖技術の実用化」(右)
藤井直敬チームリーダー贈賞 藤井直敬チームリーダーご挨拶