広報活動

Print

2012年2月8日

理化学研究所

宮脇敦史副センター長、笹井芳樹グループディレクターが井上学術賞を受賞

宮脇敦史副センター長 笹井芳樹グループディレクター

宮脇敦史副センター長(脳科学総合研究センター)と笹井芳樹グループディレクター(発生・再生科学総合研究センター)は財団法人井上科学振興財団による第28回井上学術賞を受賞しました。宮脇副センター長は「バイオイメージングの学際的開発研究」で、笹井グループディレクターは「自己組織化による中枢神経系の発生制御の試験管内再現」の研究業績が評価されました。

この賞は、自然科学の基礎的研究で特に顕著な業績を挙げた50歳未満の研究者に対して贈呈されます。

贈呈式は2月3日(金)KKR HOTEL TOKYOにて行われました。

< 参考 >