広報活動

Print

2012年5月25日

理化学研究所

中国科学院 白院長による理研表敬訪問について

2012年5月25日午前、中国科学院の白 春礼院長をはじめ中国科学院関係者24名の方々が和光本所を表敬訪問されました。

理化学研究所と中国科学院は、日中国交正常化直後の1982年以来、活発な研究交流・人材交流を進めており、本年で交流30周年を迎えます。加速器科学及び核物理学研究や大型中性子計による宇宙線の研究、天然生理活性物質の研究など様々な分野での交流・協力を重ね、これまで受入や派遣等による人材交流は延べ1,000人に上っています。また昨年12月には野依理事長が中国最高の栄誉といわれる中国科学院の外国籍院士に選出されています。

表敬訪問では、野依理事長の歓迎挨拶の後、両研究機関の運営方針、人材育成制度、今後の研究協力などについて活発な意見交換を行いました。また今回、協力30周年を記念して、和光本所の敷地内で両機関関係者による記念植樹を行いました。

今回の交流30周年を新たな契機とし、今後もさらなる研究交流・人材交流を進めていくことになります。

中国科学院の概要
中国科学院は、1949年11月に設立された中国最高レベルの自然科学の総合研究所です。同科学院は、研究組織に留まらず、科学技術領域の最高諮問機関でもあります。12の分院、117の傘下機関を有し、50,000人以上の職員が勤務しています。

懇談の様子

懇談内容

記念植樹の様子

記念植樹

集合写真

記念撮影