広報活動

Print

2012年9月19日

理化学研究所

重イオンビームで2つのサクラ新品種を作出

―花の大きい「仁科春果」とぼんぼり咲きの「仁科小町」、9月末より販売開始―

理化学研究所(野依良治理事長)は、仁科加速器研究センターの理研リングサイクロトロンから発生する重イオンビーム※1による変異誘発技術※2を用いて、2つのサクラ新品種の作出に成功しました。これは、理研仁科加速器研究センター(延興秀人センター長)応用研究開発室生物照射チームの阿部知子チームリーダーとサクラ育種家であるJFC石井農場(山形市釈迦堂)の石井重久氏との共同開発による成果です。

2006年、研究チームは、花の大きさが3.0~3.5㎝、花弁数は21~50枚の八重咲きのサクラ「春月花」の枝に炭素イオンを照射し、接ぎ木をして開花した照射集団内で自然に受粉させ、後代の種子を得ました。2009年にその種子をまき、2012年4月、開花した集団から2つのサクラ新品種を作出することができました。1つは、花の大きさが春月花に比べて4.1~4.2㎝と大きく、花弁数が23~25枚と安定した八重咲きの「仁科春果(にしなはるか)※3」です。もう1つは、花の大きさが1.3~1.4cmと小さく、花弁数も5枚で一重咲きの「仁科小町(にしなこまち)※3」です。この仁科小町は、サクラでは珍しく、花が完全に開かないぼんぼりのような形(ぼんぼり咲き)となりました。2012年9月14日、理研と石井氏は共同で、農林水産省に仁科春果と仁科小町を品種登録出願しました。

これまで理研が重イオンビーム照射で育成してきたサクラの新品種「仁科蔵王」(2007年10月31日プレス発表)と「仁科乙女」(2010年1月14日プレス発表)は、照射した枝そのものが変異し、それをクローン増殖して新品種としました(重イオンビームの直接利用品種)。今回の2品種は、照射した枝そのものには大きな変化はなかったのですが、交配を経た後代で初めて変異が見られ、それを新品種としたものです(重イオンビームの間接利用品種)。

「仁科春果」の花苗の増産は、「とちぎ桜組合」(栃木市)の組合員である栃木市の生産農家が行い、9月末から株式会社コメリ(新潟県新潟市)が販売する予定です。また、「仁科小町」の花苗の増産はJFC石井農場(富士市)が行い、9月20日から京阪園芸株式会社(大阪府枚方市)が販売します。

お問い合わせ先

独立行政法人理化学研究所 仁科加速器研究センター 生物照射チーム
チームリーダー 阿部 知子(あべ ともこ)

報道担当

独立行政法人理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

販売店

京阪園芸株式会社
大阪府枚方市伊加賀寿町1-5
Tel: 072-844-1134(代)

株式会社コメリ
新潟県新潟市南区清水4501-1
Tel: 025-371-4805(代)

補足説明

  1. 重イオンビーム
    原子から電子をはぎ取って作られたイオンのなかで、ヘリウムイオンより重いイオンを重イオンと呼ぶ。これを加速器を用いて高速に加速したものを重イオンビームと呼ぶ。
  2. 変異誘発技術
    ほかの有用形質に影響を与えず変異を誘発し、育種年限の大幅な短縮を可能とする日本独自の開発技術で、ガンマ線やX線などの放射線照射や化学変異剤処理などの従来の手法に比べ、高生存率を示す極低線量照射でも、変異率が高いという特徴がある。極低線量照射では、飛来する粒子数が少なく、目的とする遺伝子以外を壊さないため、変異株そのものが新品種となり、育種に要する期間を短縮することができる。生物照射チームでは、この重イオンビームを使った園芸植物の品種改良技術を開発し、すでダリア、ペチュニア、バーベナなど多くの品種を実用化している。
  3. 仁科春果(にしなはるか)、仁科小町(にしなこまち)
    “仁科”は理研加速器の父である仁科芳雄に由来、理研で発生する重イオンビーム育種技術で育成したサクラ品種のシリーズ化。甘い実を付けるので「仁科春果」、愛らしい花の姿から「仁科小町」と命名した。2012年9月14日、理研と石井氏は共同で、農林水産省に仁科春果と仁科小町を品種登録出願した。
仁科春果

2012年5月1日 仁科春果(にしなはるか)

仁科小町

2012年5月2日 仁科小町(にしなこまち)