広報活動

Print

2013年3月15日

理化学研究所

X線自由電子レーザー施設SACLAが「第42回 日本産業技術大賞」を受賞

SACLA

理化学研究所播磨研究所のX線自由電子レーザー(XFEL)施設SACLA(SPring-8 Angstrom Compact free electron LAser )が第42回 日本産業技術大賞(文部科学大臣賞)を受賞しました。

本件では、わが国の匠の技とも言える最先端技術を結集することによって、欧米の同種施設に比して大幅なコンパクト化に成功しつつ、世界最高性能のX線レーザーを発振し、当初計画通り供用運転を開始したことが高く評価されたもので、SACLAの開発に携わった研究グループ他9者との共同受賞となりました。

※「日本産業技術大賞」とは、日刊工業新聞社が実施する表彰制度で、実用化された革新的な大型産業設備・構造物や、先端システム技術の開発、実用化で顕著な成果をあげた企業・グループを表彰し、「内閣総理大臣賞」、「文部科学大臣賞」等が授与されます。

関連リンク