広報活動

Print

2013年9月11日

理化学研究所

中国科学院上海光学精密機械研究所と協力覚書を締結

平成25年9月10日、中国科学院上海光学精密機械研究所(SIOM)において、協力覚書の調印と理研-SIOM連携研究室の成立式が行われました。本覚書は、レーザー科学研究とその関連の技術開発を促進することを目的としており、その連携研究を推進するため、SIOMに理研-SIOM連携研究室が設置されました。式では、中国科学院や中国科学技術部からの来賓が見守る中、覚書の締結がなされ、来賓の祝辞、看板除幕式、ラボツアーなどが行われました。

理研と中国科学院は、1982年に研究協力協定を締結して以来、着実に協力を重ねてきました。今回設置された連携研究室は、科学院との初めての研究室になります。また、理研の緑川克美主任研究員とSIOMの李儒新所長は、長年に亘り、光学と精密機械研究において、研究交流を行ってきており、今回の連携研究室の設置により、レーザー科学研究やその関連技術開発にさらに拍車がかかることが期待されます。

調印式の写真

調印式

看板除幕式の写真

看板除幕式

記念撮影の写真

記念撮影

SIOMに関して:
1964年に創立された中国の一番早い、規模最大のレーザー専門研究所であり、現在現代光学重大な基礎と応用の最先端科学を探索することによって、大型レーザー開発と光量子最先端技術を開拓する国家重点総合研究所です。