広報活動

Print

2013年12月6日

理化学研究所

東京大学“カブリ数物連携宇宙研究機構”と研究連携協定を締結

理化学研究所理論科学連携研究推進グループと東京大学国際高等研究所 カブリ数物連携宇宙研究機構との間で、研究連携協定を締結することになり、平成25年12月4日、理化学研究所和光キャンパスにて調印式が行われました。

理研では、物理・化学・生物などの分野を越えた理論科学の連携を図るため、平成25年6月1日、理論科学連携研究推進グループ(iTHES、グループディレクター:初田哲男)が発足しました。一方、東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU、機構長:村山斉)は、数学・理論物理学・実験物理学・天文学の融合を目指すべく、文部科学省世界トップレベル研究拠点プログラムの一環として、平成19年10月に東京大学に発足した数物連携宇宙研究機構から今に至っています。

iTHESとKavli IPMUは、分野横断的研究によって、基礎科学の新しい芽や新たな突破口を開くことを目的とする点で共通しています。そして、両者が連携・協力関係を構築することは理論科学の発展に大きく寄与できるということから、本日、協定を調印する運びとなりました。

なお、iTHESと大阪大学大学院理学研究科は、同様の協定を平成25年10月1日に締結したところであり、今後、iTHES、Kavli IPMU、大阪大学“理論科学研究拠点”の3者で、分野横断的研究を通した理論科学の一層の発展と、さらにグローバルなネットワークの拡大を目指していくことになります。

調印式に引き続いて、“The Quantum Universe”というタイトルで、村山機構長による記念講演会が開催され、会場は立ち見が出る程で、熱気に包まれました。

研究連携協定書調印式の写真

協定に署名した理研の初田GD、川合理事(理研)とKavli IPMUの村山機構長、杉本教授(左から)

調印後の記念写真

調印後の記念写真(iTHESとKavli IPMUの研究者等と)

記念講演会の写真

村山機構長による記念講演会