広報活動

Print

2014年5月13日

独立行政法人理化学研究所
※説明資料(図)を追加し、一部本文を修正して、6月2日に掲載しました。

元調査委員の研究論文の疑義に関する予備調査結果について

通常、予備調査結果の公表はしませんが、本件は、科学研究上の不正行為の防止等に関する規程に基づき設置された「研究論文の疑義に関する調査委員会」の元委員に対する疑義であったことから、特例的に公表いたします。

元調査委員の研究論文の疑義に関する予備調査結果について 1

平成26年4月28日に報道機関から広報室に問合せがあった、石井俊輔 石井分子遺伝学研究室上席研究員、眞貝洋一 眞貝細胞記憶研究室主任研究員らが発表した研究論文1報の疑義について、科学研究上の不正行為の防止等に関する規程第10条に基づき予備調査を行った結果、論文で示された図は、切り貼りはされているが、真正でないものに加工されたり、結果の真正さが損なわれたりしたものではなく、研究不正には当たらないと判断しました。

疑義が指摘された論文及び疑義

論文

The Wnt–NLK Signaling Pathway Inhibits A-Myb Activity by Inhibiting the Association with Coactivator CBP and Methylating Histone H3. MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, vol. 16 no. 10 4705-4713 (2005)
doi: 10.1091/mbc.E05-05-0470

疑義

Figure 1A. 右、切り貼りがあるように見えるので、異なる条件で得られたデータではないか。

検証

Figure 1A.は同一の実験条件で得られたデータを切って寄せたものであり、研究不正には該当しない。

下にオリジナルデータを示す。

オリジナルデータ
この実験では、A-Myb、B-Myb、c-Mybの3種類のたんぱく質の断片(R23)の、GST(negative control)とGST-NLKへの結合を、2種類の条件(塩濃度などが異なる)で見ており、1枚のゲルに流している。Figure 1A.の図は、赤枠で示した部分を用いて作成しており、同じ実験条件で得られたデータである。

元調査委員の研究論文の疑義に関する予備調査結果について 2

平成26年4月28日に報道機関から広報室に問合せがあった古関明彦 統合生命医科学研究センター副センター長らが発表した研究論文4報の疑義について、科学研究上の不正行為の防止等に関する規程第10条に基づき予備調査を行った結果、論文で示された図は、切り貼りされたものなどはあるが、真正でないものに加工されたり、 結果の真正さが損なわれたりしたものではなく、研究不正には当たらないと判断しました。

疑義が指摘された論文、疑義、及び検証

論文1

Mesenchymal expression of Foxl1, a winged helix transcriptional factor, regulates generation and maintenance of gutmaintenance of gut-associated lymphoid organs. DEVELOPMENTAL BIOLOGY, vol. 255, 278-289 (2003)
doi: 10.1016/S0012-1606(02)00088-X

疑義1

Figure 5.の電気泳動の図について、真ん中に切り貼りの跡のような線が見える。

検証1

Figure 5.の右半分と左半分は独立して意味をなす実験として構成されている。したがって、連続性を見せかけるために作為的な行為をする理由はない。

Fgure5。 © 2003 Elsevier
この図は、野生型(+/+)と変異マウス(-/-)のそれぞれにおいて、上部腸管(Ⅰ)と下部腸管(Ⅲ)における各遺伝子発現量を比較するために作成されたものである。すなわち、+/+と-/-のパネルの中でⅠとⅢを比較することを主旨としており、左右のパネルは元来それぞれ独立した性質のものである。したがって、左右のパネルは連続したパネルとして提示される必要があるところではなく、不連続に見えることに特段意味はない。

論文2

Mammalian Polyhomeotic Homologues Phc2 and Phc1 Act in Synergy To Mediate Polycomb Repression of Hox Genes. MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, vol. 25, 6694-6706 (2005)
doi: 10.1128/MCB.25.15.6694-6706.2005

疑義2-1

Figure 2B.上段の3つのレーンの間にそれぞれ切り貼りのような線が見える。下段の分子量マーカーのところにも、切り貼りのような線が見える。

検証2-1

オリジナルデータで確認したところ、上段の3つのレーンは単一ゲルに由来するデータであることが確認でき、本文の説明にあわせて再配置したことが確認された。下段についても、データは同一条件で解析された単一ゲルに由来するものであり、研究不正には該当しない。

Figure 2B。論文掲載Figure:Reproduced, with permission © 2005 American Society for Microbiology。訂正したFigure。Figure 2B (上段サザンブロット)のオリジナルデータ。
オリジナルデータとの比較から、元来同一のゲル上に、(+/-)→(+/+)→(-/-)という並びで配置されていたものであること、それを本文の説明に合わせて(+/+)と(+/-)を入れ替えて再配置したものであることが確認された。論文における説明の順番と図の並び方に整合性をもたせるための調整が行われたものの、新しい変異アリルが生成されたという実験事実を正しく伝えるものであることが確認された。念のため、右上図のような訂正を申請し受理された。
Figure 2B.(下段PCR)に酷似したデータのひとつ

上に示すような多数のレーンが並列していたゲルから、各遺伝子型の例示のために必要な部分を切り出してきたものである。また、Figure 2B.において各遺伝子型を示す3レーンが、単一ゲルに由来するものであることも明らかであり、サイズマーカーとの関係にも齟齬がないことが確認できる。Figure 2B.に示す方法が、当該遺伝子座の遺伝子型決定方法として妥当なものであること示すところ、論文において簡潔な説明を行うための調整が行われたものの、その結果が真正なものであることに変わりはないことが確認された。この点についても、念のため訂正を申請し受理されている。

疑義2-2

Figure 2D.の電気泳動の図は、レーンの間に、切り貼りの跡のような線がたくさん見える。両側にある分子量のマーカーがずれており、実験としても不適切ではないか。

検証2-2

同一ゲルでの電気泳動像であることが、オリジナルデータから確認でき、左右の分子量マーカー位置のずれも画像操作によって生じたものではないことは明らかであり、研究不正には該当しない。

Figure 2D。Figure 2D.オリジナルデータ。論文掲載Figure:Reproduced, with permission © 2005 American Society for Microbiology。訂正したFigure。オリジナルバージョンに差し替え。
オリジナルデータとの比較から、Figure 2D.が単一のゲルに由来するものであること、一部の+/+と-/-の対について、その領域の輝度が若干変更されていることが確認され、その結果、不連続に見える部分があることがわかった。この変更は各グループ内では均等に行われていることから、各実験群における定量性に影響を与えているものではなく、その結果が真正なものであることに変わりはないことが確認された。念のため訂正を申請し受理されている。

論文3

Distinct roles of Polycomb group gene products in transcriptionally repressed and active domains of Hoxb8. DEVELOPMENT, vol. 133, 2371-2381 (2006)
doi: 10.1242/dev.02405

疑義3

Figure 4E.の電気泳動の図について、左側2レーンの下に、黒い部分がずれており、切り貼りの跡のように見える。

検証3

オリジナルデータをたどると単一の実験に由来したデータであることが明らかであった。また、実験で得られた多数のデータの中から論文執筆過程で(正当に)不必要と判断されたデータを落とすことはあり、研究不正には該当しない。

Figure 4E。論文掲載Figure: © 2006 The Company of Biologists Limited。訂正Figure。オリジナルデータ。
オリジナルデータとの比較から、論文掲載Figure 4E.では、Suz12のレーン部分を削除していることが確認された。Suz12とtrimH3-K27にはある程度の冗長性があること、Suz12に由来するシグナルは同じ条件では非常に弱かったなどの理由から、これら2レーンを不要と判断して使用しなかったことによる。このような削除が行われたものの、その結果が真正なものであることに変わりはないことが確認された。また、オリジナルとの比較から、他の間違いが見出されたため、その点を含めて右上図にあるような訂正を申請し受理されている。

論文4

Mammalian Polycomb -Like Pcl2/Mtf2 Is a Novel Regulatory Component of PRC2 That Can Differentially Modulate Polycomb Activity both at the Hox Gene Cluster and at Cdkn2a Genes. MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, vol 31, 351-364 (2011)
doi:10.1128/MCB.00259-10

疑義4

Figure 1D.の電気泳動の4、5レーン目の間に切り貼りのような線が見える。

検証4

オリジナルデータでは、本実験が単一の実験から由来したデータであることが明らかで、その並び順を論旨にあわせてレーンの入れ換えをしただけで、研究不正には該当しない。

論文4 Figure 1D。論文掲載Figure:Reproduced, with permission © 2011 American Society for Microbiology。訂正したFigure。オリジナルデータ。
オリジナルデータと掲載された図の比較から、レーン①②を切り取り、右側へ移動すると同時に、不要レーン(③④)を削除していることが確認される。この図は、新しく作られたふたつの変異アリルからどのようなタンパクが生成されてくるかを示すための実験であるところ、論文における説明の順番と図の並び方に整合性をもたせるための調整が行われたものの、その結果が真正なものであることに変わりはないことが確認された。念のため訂正を申請し受理されている。