広報活動

Print

2014年11月17日

理化学研究所

理化学研究所と上海交通大学との間で覚書を締結

平成26年11月17日、理化学研究所(理研)と中国上海交通大学との間で、研究協力・交流に関する覚書を締結しました。

上海交通大学とは、2008年2月に包括協定を締結しており、2009年10月には物理学科と、本年8月には船舶海洋建築工程学院と、学生の受入のためIPA連携大学院協定を締結しています。
包括協定締結後、核物理学、糖鎖生物学、ナノサイエンス等の分野で交流を図り、最近では、光科学、計算科学、環境分野等の研究者間で協力・交流が活発になっています。今回の覚書では、これらの多様な分野においての各種共同研究や共同での人材育成の促進していくため、その傘となる連携研究センターを設置し、日中両国を含め世界が抱える地球規模課題解決に向けて、両機関で協力を進めていきます。

上海交通大学の概要:
1896年に設立され、中国で最も長い歴史を誇る大学の一つ。工学・理学・生命科学を中心とした理系総合大学。中国では北京大学、清華大学と並ぶ名門校。現在、理工系を主体に31学院が設置されている。教授・准教授約2,000人強、学生数は約35,000人(内、学部生約17,000人、大学院生17,500人)となっている。

写真:大江田理事と黄副学長

大江田理事と黄副学長

写真:理研-上海交通大学ワークショップ参加者

理研-上海交通大学ワークショップ参加者