広報活動

Print

2015年2月10日

理化学研究所

研究不正行為に関する処分等について

理化学研究所は、平成26年3月31日及び12月25日に、それぞれ「研究論文の疑義に関する調査委員会」及び「研究論文に関する調査委員会」により研究不正行為が認定された案件について、下記のとおり処分の決定等を行いましたので、お知らせします。

職員について、本日付けで次のとおり懲戒処分等を行いました。

  • 竹市雅俊 元 発生・再生科学総合研究センター長、センター長戦略プログラム長(兼務)
    (現 多細胞システム形成研究センター 特別顧問)

    ・・・任期制職員就業規程第50条に定める譴責

    これを受けて、竹市雅俊は、給与の10分の1(3ヶ月)の自主返納を行うこととしました。

  • 丹羽仁史 元 発生・再生科学総合研究センター 多能性幹細胞研究プロジェクトリーダー
    (現 多細胞システム形成研究センター 多能性幹細胞研究チームリーダー)

    ・・・文書による厳重注意

なお、本案件に係る小保方晴子元職員及び若山照彦元職員については、既に理化学研究所を退職していることから懲戒処分の対象者ではないものの、仮に任期制職員として在籍しているとした場合の処分のあり方について検討を行った結果、次のとおり処するのが相当と判断しました。

  • 小保方晴子元職員 懲戒解雇相当
  • 若山照彦元職員 出勤停止相当

また、若山照彦元職員には、理化学研究所の客員を委嘱していることから、これを解除しました。