広報活動

Print

2015年11月6日

理化学研究所

榊佳之名誉研究員に瑞宝重光章授与

理化学研究所の旧・ゲノム科学総合研究センター(GSC)のセンター長を務められ、現在、当研究所の名誉研究員である、榊 佳之(さかき よしゆき)博士に対し、長年にわたりゲノム科学の分野において業績を挙げた功績により瑞宝重光章が授与されることが、11月3日、内閣府より発表されました。

榊名誉研究員は、ゲノム科学総合研究センターにおいてヒトゲノム計画を主導され、21番染色体の解読を始めとする多大な業績を挙げられました。また、2002年には国際ヒトゲノム機構(HUGO)の会長にアジアで初めて就任し、国際共同研究の推進に尽力されました。

榊名誉研究員は1998年より、理化学研究所ゲノム科学総合研究センタープロジェクトリーダーに就任され、その後2004年より4年間、理化学研究所ゲノム科学総合研究センター長として活躍されました。現在は学校法人静岡雙葉学園 理事長を務められています。

関連リンク

平成27年秋の叙勲等|内閣府ホームページ