広報活動

Print

2016年6月17日

理化学研究所

ゲノムブラウザ・データベースの公式ミラーを開設

理化学研究所 (理研) 情報基盤センターは6月16日、カリフォルニア大学サンタクルス校(UCSC)と共同し、広く用いられているUCSCゲノムブラウザ・データベースの日本ミラーを開設しました。欧州に次ぐ二番目の公式ミラーになります。

UCSCゲノムブラウザ・データベースにはおよそ100種もの生物に関するリファレンスゲノム配列が登録されており、1000人ゲノムプロジェクトENCODE (Encyclopedia of DNA Elements)プロジェクト国際がんゲノムコンソーシアム(ICGC)国際ヒトエピゲノムコンソーシアム(IHEC)、さらに理研が主催する国際FANTOM5プロジェクトを含むさまざまなデータを自在に閲覧することができる世界で最大規模のゲノム情報データベースです。

ライフサイエンス分野の研究者のみならず、ゲノム情報を用いた医療やサービスを受ける私たちにとっても、近年ますます盛んに蓄積され公開されているゲノミクスデータ (ゲノムDNA塩基配列やその変動、個々のDNA塩基配列の機能的情報)を読み解くことは大変重要です。日本を含むアジア地域からの高速なアクセスが可能になることで、ゲノミクス研究の更なる展開が期待できます。