広報活動

Print

2017年8月28日

理化学研究所

林芳正 文部科学大臣が横浜地区を視察

2017年8月28日、林芳正 文部科学大臣が横浜地区を視察しました。

まず、小安重夫理事より冒頭挨拶と理研の概要について説明しました。
その後、西NMR棟に移動し、ライフサイエンス技術基盤研究センターの白水美香子副センター長と前田秀明施設長が、世界最高クラスの磁場を発生させるNMR装置など、先端計測手法による基礎研究からイノベーションへの展望について説明しました。

次に、東研究棟に移動し、統合生命医科学研究センターの久保充明副センター長が、次世代シーケンサーによる数万人規模の大規模ゲノムワイド関連解析について、様々な疾患の関連遺伝子探索への貢献などを例に解説しました。

最後に、中央研究棟では、環境資源科学研究センターの松井南グループディレクターが、生物学・化学・ケミカルバイオロジーの異分野融合を軸としたセンターの幅広い研究状況について説明し、そのうち、生体内に存在する代謝産物を網羅的に解析するメタボローム装置について平井優美チームリーダーが解説しました。

ライフサイエンス分野における基礎研究から応用研究までの幅広い研究活動をご覧になり今後の発展に大きな期待を寄せられました。

大臣(中央)を囲んで集合写真

大臣(中央)を囲んで集合写真。(NMR施設の前にて)