広報活動

Print

2017年9月19日

理化学研究所

松山内閣府特命担当大臣(科学技術政策)が革新知能統合研究センターを視察

2017年9月14日、松山政司内閣府特命担当大臣(科学技術政策)が理化学研究所革新知能統合研究センター(東京都中央区)を視察しました。

松本紘理事長が理研の概要について説明した後、杉山将革新知能統合研究センター長がほぼ1年前に発足した革新知能統合研究センターの整備状況と研究概要を説明しました。また、最近の国際会議で発表した研究成果や、企業との連携センターの概要についてポスターを用いて紹介しました。

ディスカッションスペースでは、病理情報学ユニットの山本陽一朗ユニットリーダーが、がん細胞の形態情報を含む医療ビッグデータから人工知能を用いて一人一人に最適な治療方法を選択するシステムのプロトタイプ機や細胞情報取得装置を前に研究の状況を説明しました。

最後に意見交換を行い、松山大臣からは、「Society5.0の実現に向けて、理研の革新知能統合研究センターの取組みは重要と認識しており、しっかり後押ししたい。」とのお言葉を頂きました。

視察の様子1
視察の様子2