広報活動

Print

2018年3月16日

理化学研究所

相田卓三 副センター長が日本学士院賞を受賞

相田卓三 副センター長(創発物性科学研究センター、東京大学大学院工学系研究科教授)が日本学士院賞を受賞することが発表されました。日本学士院賞は、学術上、特にすぐれた論文、著書その他の研究業績に対して毎年9件以内で贈呈されるものです。

関連リンク

相田卓三 副センター長

受賞者

相田卓三 創発物性科学研究センター 副センター長

受賞業績

革新的ソフトマテリアルの精密階層設計に関する研究

コメント

今回、このような栄えある賞を頂戴し、光栄に存じます。多くの方々の支えがなければ、今回の受賞はあり得ませんでした。小職に世界と戦える破格の環境を提供下さっている理化学研究所はもとより、教員として採用し、育てて下さった東京大学、破格の経済的支援を下さったJSTやJSPS、そして何よりも熱い思いを共有し、第一線を目指して一緒に頑張って下さった学生諸君や共同研究者に厚く御礼を申し上げ、今後さらに研鑽を積んでまいりたいと存じます。