広報活動

Print

2018年8月9日

理化学研究所

林文部科学大臣が神戸地区を視察

2018年8月9日、林芳正(はやし・よしまさ)文部科学大臣が、理化学研究所(理研)神戸地区の生命機能科学研究センター及び神戸市立神戸アイセンター病院(神戸アイセンター病院)をご視察されました。

最初に訪れた生命機能科学研究センターでは、小安重夫理事が挨拶した後、西田栄介センター長が同センターの研究概要について説明しました。その後、iPS細胞とiPS細胞から分化させた網膜色素上皮細胞を観察されました。

次に訪れた神戸アイセンター病院では、生命機能科学研究センターの髙橋政代プロジェクトリーダーが、理研で培われた発生・再生科学に関する基礎研究の成果から、iPS細胞を用いた実際の細胞治療を確立するまでを解説しました。

また、髙橋プロジェクトリーダーの案内により、視覚障害者のリハビリや就業支援を行うVISION PARK(ビジョンパーク)を体験されたほか、神戸アイセンター病院の栗本康夫院長の案内により、眼疾患治療の現場を視察されました。

西田センター長より細胞の説明を受ける林大臣の写真

西田センター長より細胞の説明を受ける林大臣(中央左)

髙橋プロジェクトリーダーの案内によりVISION PARKを体験する林大臣の写真

髙橋プロジェクトリーダーの案内によりVISION PARKを体験する林大臣(中央)