広報活動

Print

2019年7月1日

理化学研究所

松本理事長が日仏ラウンドテーブルに参加

2019年6月27日、東京お台場の日本科学未来館において、文部科学省とフランス高等教育・研究・イノベーション省(MESRI)の共催によるラウンドテーブルが開催され、理研の松本紘理事長が参加しました。

MESRIのフレデリック・ヴィダル大臣と山脇良雄文部科学審議官による開会挨拶に続き、日本とフランスの研究機関、大学、ファンディング機関の代表らが、日仏連携の現状や今後について発言しました。

松本理事長は「フランスは理研にとって最も重要なパートナー国の一つであり、フランス国立科学研究センター(CNRS)、原子力・代替エネルギー庁(CEA)など、数多くの研究機関・大学と協力を行っている。理研はフランスを含めた欧州との連携強化を非常に重視しており、昨年11月にブリュッセルに欧州事務所を設置した。今後は健康、AI・計算機科学、サステナビリティなど等の分野において、フランスとの連携をさらに強化できる可能性がある」と述べました。