広報活動

Print

2019年8月30日

理化学研究所

ありがとう「京」シャットダウンセレモニーを開催

理化学研究所(理研)は2019年8月30日、ありがとう「京」シャットダウンセレモニーを執り行いました。

理研計算科学研究センター(兵庫県神戸市)に設置されたスーパーコンピュータ「京」は、2012年9月の共用開始以来、多くの研究機関・企業に利用され、目覚ましい成果をあげてまいりましたが、2019年8月16日、その役目を終え、共用を終了いたしました。その後さまざまな調整を経て、このたびシャットダウンされました。

ありがとう「京」シャットダウンセレモニーは、多くのご来賓の方々を含め、「京」にゆかりの深い方々にお集まりいただいて執り行われました。

セレモニーの最後には、ご来賓の代表の方、ならびに松本紘理事長がスイッチを押し、「京」をシャットダウンいたしました。

松本理事長からは、理研を代表し、「京」の開発・運用にあたり多くの方々から賜ったご支援・ご協力への感謝の意とともに、後継機「富岳」の完成・運用に全力を尽くす決意が表されました。

2019年9月より「京」の撤去工事が始まるとともに、「富岳」の設置工事も本格化してまいります。なお「富岳」は2021年頃の共用開始を目指しています。

これまでの「京」への温かいご支援、あらためて御礼申し上げます。

主催者挨拶をする松本紘理事長の写真

主催者挨拶をする松本紘理事長

「京」への謝意を述べる松岡聡センター長の写真

「京」への謝意を述べる松岡聡センター長