広報活動

2013年9月5日

60秒でわかる?筋肉が動く仕組みから生き物らしさの原理を探る研究者

キーワード

生物、物理、工学、ナノバイオロボティクス、生体ナノモーター、ブラウン運動、ミオシン、人工筋肉、適応、柔軟性

概要

『理研ニュース』9月号のFACEで、生命システム研究センター 細胞動態計測研究グループの岩城光宏上級研究員が、人工筋肉をつくり計測することで、生き物らしさが生み出される原理を解明する取り組みについて語っています。この動画では、岩城博士の60秒解説をご覧いただけます。

再生時間

1分15秒