広報活動

2013年11月5日

60秒でわかる? SPring-8でスピンを見て、物質の新しい機能を引き出す

キーワード

物理、工学、SPring-8、スピン、軌道運動、電子、電荷、磁性、磁場、配列、偏光、イリジウム、オスミウム、メモリー、トポロジカル絶縁体

概要

『理研ニュース』11月号の“研究最前線”で、放射光科学総合研究センタースピン秩序研究チームの有馬孝尚チームリーダーが、SPring-8を駆使して電子のスピンと軌道運動とを見分けることにより、物質の新しい機能を引き出し、従来の性能を大きく上回る高効率の太陽電池や省電力デバイスなどを生み出すグリーンイノベーションについて、熱く語っています。この動画では、有馬博士の60秒解説をご覧いただけます。

再生時間

1分53秒