広報活動

2017年9月5日

60秒でわかる? 大特集 LLFP核変換

キーワード

LLFP, 核変換, 放射性廃棄物, ImPACT, 逆運動学法, パラジウム同位体, 偶奇分離, ゼロ度スペクトロメーター, SAMURAI, 超伝導加速空洞, 原子核物理学

概要

日本は、原子力発電所で生じる高レベル放射性廃棄物については、ガラス固化して地層処分する方針を採用しています。地下300m以深の安定した岩盤に10万年以上に渡り、ガラス固化体として隔離・保管しますが、その数は、既に2万数千本に達しています。高レベル放射性廃棄物を少しでも減らすことはできないのでしょうか?これは、原子力発電に賛成か反対か、再処理するしないに関わらず、人類にとって重要な問いです。『理研ニュース』2017年9月号では、この問題に挑む「LLFP核変換」の研究を特集します。この動画でLLFP核変換の基礎実験を行い、パラジウム-107の核変換データの測定に成功した、仁科加速器研究センター 核変換データ研究グループ 高速RIデータチーム チームリーダー 大津 秀暁(おおつ・ひであき)チームリーダーによる60秒解説をご覧いただけます。

再生時間

2分08秒