広報活動

2018年1月9日

60秒でわかる?機械学習と実験により、脳の普遍的な計算原理を探る

キーワード

生物学、脳科学、光遺伝学、電気生理学、人工知能、AI、意思決定、自動訓練装置、認知課題、機械学習、数理モデル、ニューラルネットワーク、再帰型ニューラルネットワーク

概要

わたしたちは、道を歩いていて正面から人が歩いてくれば、ぶつからないように避けることができます。目から入ってくる視覚情報を、わたしたちの脳はどのように「認識」し、次の行動を判断・決定するための情報処理を行っているのでしょうか?

『理研ニュース』2018年1月号の「研究最前線」では、マウスを使った神経活動の計測と機械学習の数理モデルを解析して、脳が使っている方程式を導き出す独創的な研究を紹介しています。

脳科学総合研究センター 行動・神経回路研究チームのアンドレア・ベヌッチ チームリーダーによる60秒解説をこの動画でご覧いただけます。

再生時間

1分35秒